Piwikを使ってみてと提案されたのでサイトに導入してみました。

Piwikとは?

Piwikは、現在世界中の個人、企業、政府機関が利用するオープン解析プラットホームだそうです。Googleアナリティクスのように使用することができ、自分が管理するサーバにインストールするため自分が管理するサーバにデータを保存することができます。

導入方法

以下が、私が行った手順です。途中でエラーが出る場合はこちらを参考にしてください。

  1. まず、こちらから最新版のPiwikをダウンロードします。
    FTPソフトでインストールするWebサーバーのドキュメントルート以下にサブフォルダを作成し、解凍したPiwikのファイルをアップロードします。また、Piwikで使用するデータベースのテーブルを作成しておきます。
  2. ウェブブラウザを開いて、Piwikを設置したURL を開きます。すると以下のような画面が表示されるので、次へを押します。
    ws000020
  3. 以下の画面が表示されるので、そのまま次へを押します。
    ws000021
  4. 以下のような画面が表示されるので、事前に作成しておいたデータベースのログイン名・パスワード・テーブル名を入力し、次へを押します。
    ws000022
  5. 以下の画面が表示されるので、次へを押します。
    ws000023
  6. 以下の画面が表示されるので、Piwikにログインするためのユーザ名とパスワード、メールアドレスを設定します。
    ws000024
  7. 以下の画面が表示されるので、Piwikで計測を行いたいウェブサイトの名前とURLなどの情報を入力し、次へを押します。
    ws000025
  8. Piwik用のトラッキングコードが生成されるので、計測を行いたいサイトの</head>の直前に生成されたコードを記述します。
    ws000026
  9. 以下の画面が表示され、設定は終了です。Piwikを続けるボタンを押すとPiwikのログイン画面に進みます。
    ws000027
  10. ログイン画面で、作成したPiwikのユーザ名とパスワードを入力してログインします。
    ws000028
  11. トラッキングコードが設定されていない場合、以下のような画面が表示されます。
    ws000029
  12. トラッキングコードを設定後、1度設定したウェブサイトにアクセスを行ってから再度Piwikの管理画面にアクセスすると以下のような画面が表示され解析が行われていることが確認できます。
    ws000030

設定を行ってみて

今回初めて設定を行ってみましたがWorfPressを導入するような感じで簡単に導入することができました。
リアルタイムマップという機能もありますが、最初は地域を特定できず不便かと思いましたが公式ページの手順を参考に少し触るだけでマップにアクセスされている地域を表示することができました。

ただ、データを自分のサーバに保存しているということは自分たちで使用することもできますが、不正アクセスされた場合も考えなければならなくなるとも思いました。

このブログを書いた人

瀬高博文
プログラマです。言語はC,C++。現在はWebサイトやスマートフォンアプリ作成のためにPHP,JavaScript,Objective-C,MySQLを勉強中です。
この人のすべてのブログを見る