PAK57_kangaeruookawashi_TP_V

最近AMPという言葉を聞くようになりましたが、何のことだろうと思い調べてみました。

AMPとは?

「アンプ」と読みます。

Accelerated Mobile Pages (アクセラレイティッド・モバイル・ページ)の略称で、モバイル端末でのウェブページの表示を高速化するためのプロジェクトだそうです。

AMPを設定したページはGoogleでキャッシュに保存されてアクセスしたときに高速で表示されるようになります。

設定方法は?

WordperssPassを使っている場合はプラグインがあります。AMPプラグイン

WordperssPassの管理画面から導入する場合はプラグインの新規追加から「AMP」で検索をすれば検索結果の1番最初に表示されます。

この、AMPプラグインを有効化して、[設定]→[パーマリンク設定]へ進み、[変更を保存]ボタンを押してください。設定を変更する必要はありません。これを行わないと正常にAMP対応ページができないので注意です。

実際に作成されたAMP対応ページを表示する場合は、

投稿のURL/amp/

とするとAMP対応したページが表示されます。

WordperssPassのプラグインを使わずに設定する場合は、基本的にはそのままHTMLタグで作成しますが、imgタグやiframeタグはamp-imgタグやamp-iframeタグに置き換えないといけないようです。

また2016年9月2日現在ではformタグは対応していないので使用できないようです。

タグについてはここに詳しく書かれているので参考にしてください。

結局のところ

wordpressのプラグインを設定してみました。ページの読み込み自体は高速になったのでモバイルからアクセスされやすいものは導入しておいたほうが良いような気がします。

ただAMP自体が開発途中のため、今後どうなるか分かりません。そのため、焦って導入する必要はないと思いますが、wordpressを使っている場合は手軽に体験はできるので1度試してみてはいかがでしょうか。

PAK57_kangaeruookawashi_TP_V

アナリティクスを入れてみました。こちらに記載しています。

このブログを書いた人

瀬高博文
プログラマです。言語はC,C++。現在はWebサイトやスマートフォンアプリ作成のためにPHP,JavaScript,Objective-C,MySQLを勉強中です。
この人のすべてのブログを見る