AWS課金

AWS課金こんにちは、建山です。

今回ご紹介するのは、Amazonが提供するWebサービスであるAmazonWebService(通称AWS)を使用して、AWSのCloudWatchを使った課金状況を監視する方法をご紹介します。

対象者

・AWSのサーバを運用している方

・AWSの課金状況が気になる方

・CloudWatchを使ってみたい方

前提条件

・AWSマネジメントコンソールにてCloudWatchに対しての操作が出来る事。

今回の使用環境

・クライアントOS:WindowsXP

・ブラウザ:GoogleChrome

概要図

cloudwatchで課金を監視

説明

AWSのCloudwatchを使用して、現在の課金状況を監視します。ある特定の金額を超えるとアラームメールを飛ばすようにして、知らない間に金額が増える事を防止できます。

手順

■AWSホームページにアクセスする。

■「アカウントアクティビティ」を開く

右上の「アカウント/コンソール」から「アカウントアクティビティ」を開きます。

■「Enable Now」をクリックして、課金状況の監視を有効にする

有効になりましたので×をクリックして閉じます。

これで監視が行える状態になりました。実際のデータの取得には15分かかるようです。次に金額を設定してアラームメールを飛ばすようにします。

■「Set your first billing ararm」をクリックしてアラームの設定をする

■「Create Alram」をクリックします。

※今からアラーム設定を行っていきますが、右上に注目します。「N.Virginia」(ニューバージニア)となっています。2013年1月現在ですと、課金状況のアラームを使用するとリージョンが「N.Virginia」となるようです。しかし、「N.Virginia」でもTokyoリージョンなどの他のリージョンのEC2などの課金状況は見れますので、このまま進めます。

■アラームの詳細を設定する

入力欄を記入します。下では、50ドル(約4600円)を超えたらアラームメールを飛ばすように設定します。

入力したら「Create Alarm」をクリックします。

アラームが設定されましたのでCloseをクリックします。

■設定完了

これで課金状況を監視してメールが送られるようになりました。

まとめ

今回の課金状況の監視を導入することで、AWSの従量課金が不安な方にとっては、少し手助けになってくれるのはないかと思います。もし、導入される際は、テストを十分にして自己責任でお願いいたします。

なお、今回の記事を書くにあたって下記のブログを参考にさせていただきました。

■ブログ

Estimated Charge with CloudWatchを試してみました

このブログを書いた人

S・T・K
皆さんの喜ぶ情報を投稿していきます。ご期待ください。
この人のすべてのブログを見る