Monthly Archives: November 2012

地図サービスを利用した、無料集客テクニック

無料集客テクニック

地図サービスを利用した、無料集客テクニック

今回は検索で、地図サービス生かした無料集客テクニックをご紹介したいと思います。

 

 

検索をするお客様というのは、わざわざ検索をしてくるだけあって、ある程度、自社のサービスや商品を購入してくれる可能性の高い、『見込み客』です。

その見込み客に、検索時に他店に差をつけて、店舗の地図や商品のことをアプローチすることができたら、それだけでホームページ、または店舗への集客が高まるのではないでしょうか。

これから紹介するテクニックのメリット
検索結果に情報を多く表示できる
 →店舗の地図、商品写真、店舗情報を表示できる! 

店舗が見せたい情報を自由に見せられる
 →一方的に決められた情報でなく、自分で好きな商品などを選び表示できる! 

どんなに使っても無料
 →見せたい情報をどれだけ変更しても無料! 

 

テクニックの中身
検索結果画面に表示する内容を変えるので、検索エンジンと言われる『Google』と『Yahoo!』のサービスをそれぞれ利用します。
Googleは『Googleプレイス』、Yahoo!は『Yahoo!ロコ』という地図サービスです。
これらのサービスに登録するだけで検索結果画面により多くの情報を表示することができるのです。  

 

Googleプレイスで表示される検索結果

赤枠で囲まれている箇所がGoogleプレイスで表示されたエリアです。
店舗地図、商品画像、営業時間などが表示されます。見込み客に、より具体的に店舗イメージを持ってもらうことができます。

Googleプレイスの登録方法はこちら!
Googleプレイスの登録方法http://stk-inc.co.jp/2012/11/googleplace/

  

  

ソーシャルメディアで、地図サービスを生かしたテクニック
検索結果に地図サービスを生かしたテクニックをご紹介しましたが、ソーシャルメディアにも地図サービスを生かした集客方法があります。それは、Facebookページとスポットページを統合することです。

もし、Facebookページの運用をされているようでしたら、この『Facebookページとスポットページの統合』は是非、お勧めします。

統合することのメリット
Facebookページにチェックイン件数が表示される
 →来店者の多い店舗かどうか分かる。

投稿されたチェックイン情報をクリックすると、Facebookページにリンク
 →Facebookページを表示できるので、リアルタイムな情報を知ってもらえる。

Facebookページへの流入数が増える
 →チェックインしただけでその人の友だちにもチェックイン情報が見えるので、自然とFacebookページを見られる機会が増える。
 

Facebookページとスポットページを統合すると

統合すると、下図のようにチェックイン情報からFacebookページが開きます。統合されていないとスポットーページが開き、店舗の位置情報しか得ることができません。

 

統合の方法はこちら!
Facebookページとスポットページ統合方法http://stk-inc.co.jp/2012/11/facebook-page-spot-integration/

 
まとめ 

地図サービスを利用した、無料集客テクニックを紹介してきました。

どれも無料で簡単に登録することができますので、実店舗への集客につなげられたい方は試されてみてはいかがでしょうか。

『簡単そうなんだけど時間がないからできない。』『3つ全部やりたいけどめんどくさい。』なんて方がいらっしゃいましたら、是非、ご連絡ください!
ご連絡はこちらからどうぞ!お問い合わせhttp://stk-inc.co.jp/contact/) 

!注意点 
今回ご紹介した内容は2012年11月での情報です。
全て無料サービスですので、運営者側の都合により手続きの仕方が変更されることがあります。実際の登録時にはこの記事の内容と異なる場合がありますが、ご了承ください。 

Facebookページとスポットページ統合方法

Facebookページ&スポットページ統合

Facebookページスポットページの統合で、チェックイン情報に、Facebookページをリンクさせることができる。

 

つまり・・・こうなります。
 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


通常、統合されていないと、位置情報だけのスポットページが表示されます。

スポットページとは?
スマートフォンの「チェックイン」機能を使用した時にできる、位置情報のページ。

 

このような方に読んでいただきたい
・店舗があり、Facebookページを運用している
・Facebookページとスポットページが統合されていない
・Facebookでもっと店舗をアピールしたい

 


1.事前準備
2.スポットページのオーナー申請
3.Facebookペーとスポットページの統合

 

今回、2のオーナー申請では、システムシンキングは既にオーナー申請済みでしたので、私が通う美容室で申請しています。

1.事前準備

スポットページがあることが前提条件ですので、スポットページがない場合はこちらを参考に作成してください。→スポット登録の仕方

 

2.スポットページのオーナー申請

統合するためには、まず、スポットページのオーナー申請をしなければいけません。店舗に来店されたお客様が作られている場合が多く、間違った情報などがある場合は、修正が必要となります。

Facebookの検索バーより店舗名を入力し、画像のように『スポット』欄にある店名をクリックします。
 

スポットページが開きます。ピンマークが表示されています。 

編集の右側から『オーナーの方』をクリック

 

『続行』をクリック

 

店舗情報を入力しています。事業名、住所等が、Facebookページと相違ないように気を付けてください。『続行』をクリック

 
申請方法が2種類ありますが、ここでは簡単な方の『メールアドレス』を選択し、『送信』をクリック。これでオーナー申請は終了です。

申請の受付確認のメールが来ます。オーナー申請が承認されるとまたメールが来ますが、承認までには一週間ほどかかります。

 

3.Facebookページとスポットページの統合

運用しているFacebookページを開き、Facebookページを編集から『基本データを編集』をクリック

 

画面左のメニューの中から、『リソース』をクリック

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『重複している~』という箇所をクリック

 

『統合』のチェックボックスにチェックを入れ、『Merge Pages』をクリック

 

統合されました。と表示されればOKです。これでFacebookページとスポットページが統合されました。

 

まとめ

実際、なかなかうまく統合できないことの方が多いです。スポットページとFacebookページの基本情報で、少しでも違いがあるとうまく統合されないようですので、その点に気をつけてください。

Facebookページ運用支援サービスの一環で、Facebookページとスポットページの統合も行っていますので、ご依頼があればこちらよりご連絡ください。

 

!注意点 
今回ご紹介した内容は2012年11月上旬での情報です。

Facebookは無料サービスですので、運営者側の都合により手続きの仕方が変更されることがあります。実際の登録時にこの説明書の内容と異なる場合がありますが、ご了承ください。 

Googleプレイスの登録方法

i-catch

Googleプレイスとは、Googleの検索結果画面に、店舗の地図や写真等を表示するGoogleのサービス

  

 

Googleの検索結果画面に地図、写真、店舗情報が表示されます。

Googleプレイスに登録するメリット
地図や写真、店舗情報を表示できるため、店舗のことをPRできる
自分で管理できるため、タイムリーに情報を伝えられる
登録・利用は無料

 

登録までの流れ
1.事前準備
2.オーナー登録ページを開く
3.店舗登録確認
4.店舗情報入力
5.登録

 

今回はシステムシンキングで登録を行ってみました。

1.事前準備

Googleアカウントをお持ちでないとGoogleプレイスに登録できません。Gmailをご利用の方であれば心配はいりません。
Googleアカウントの取得はこちら(アカウントを新規作成)を参考にされて下さい。 

2.オーナー登録ページを開く

Googleプレイスにアクセス
『Googleプレイス』 で検索し、1件目に表示されたサイトにアクセスするか、(http://www.google.co.jp/landing/placepages/)にアクセスします。

Googleプレイスのページが開いたら画面左上の、『お店のオーナーの方へ』をクリック

『オーナー登録する』をクリック 

メールアドレスとパスワードを聞いてきますので、オーナー登録するGoogleアカウントのアドレスとパスワードを入力し、ログインボタンをクリック

3.店舗登録確認

電話番号入力
店舗情報がすでに登録されていないかを確認します。電話番号欄に 電話番号を入力し、『お店/サービスの情報を検索』をクリック

店舗の登録がある場合は、下図の赤線のように住所が表示されます。これは、他のサイトに登録されている情報を検索エンジンが認識し、表示させているのが原因のようです。
すでに登録されている場合はマル1『編集』をクリック。まったく登録がない場合はマル2の『新しいリスティングを追加』をクリックします。

4.店舗情報入力

これから店舗情報を入力していきますが、Googleプレイス登録後も変更が可能ですので、まずは必要最低限の情報だけでも大丈夫です。
基本情報
店舗名称などを入力していきます。新規の際はすべて入力となりますが、編集の際は、間違いがなければ空白箇所のみの入力となります。ウェブサイト欄は、自社ホームページなどがない場合、FacebookページのURLや、口コミサイトの URLでもかまいません。

カテゴリ
店舗が該当するカテゴリを選択します。選択肢にない場合は追加することもできます。

サービス提供地域と場所の設定
来店型の店舗であれば、『いいえ』 を選択すればOKですが、宅配を行っているような業者であれば『はい』を選択します。細かに宅配エリアを設定する場合は、[対象エリアのリスト]に郵便番号を追加することで、エリアを設定することができます。

営業時間
店舗の営業時間を入力します。日勤、夜勤などがある場合は、[1日に2つの時間帯を入力する]にチェックを入れます。
お支払方法
店舗でのお支払方法にチェックを入れます。複数選択可能です。

写真
最大10枚までアップできます。PCから直接アップする方法と、他のウェブサイトから参照する方法があります。他のウェブサイトの画像を設定した場合は、その画像をクリックされるとそのウェブサイトが開くため、誘導したいサイトがある場合は有効かもしれません。 
動画 
YouTubeのURLを設定します。

その他の情報
店舗として他に伝えたい情報を記入します。追加することもできます。
全て入力し終えたら、『送信』をクリック

5.登録

確認方法を選択する
店舗が実在するかどうかの確認方法を選択します。電話とハガキの郵送と2種類あるのですが、電話の方が早く済ませられるので、ここでは電話を選択し、完了をクリックします。この後すぐに電話がかかってきます。私の場合、クリック後10秒もなかったと思います。電話を近くに置かれておくことをお勧めします。電話では機械音声で数字が読み上げられます。それがこの後で入力するPINです。

PINを入力する
電話で聞いたPINを入力し、『実行』をクリック。

これでGoogleプレイス登録終了です。検索結果に反映されるまでには、一週間ほどかかります。お疲れ様でした。

 

まとめ

多少、設定項目は多いものの、比較的簡単に登録できる上、例えミスしても後から変更可能ですので、気楽にできると思います。
これが無料ですので、店舗のPRのためにも是非、登録されることをお勧めします。    

!注意点 
今回ご紹介した内容は2012年11月上旬での情報です。
このGoogleプレイスは無料サービスですので、運営者側の都合により手続きの仕方が変更されることがあります。実際の登録時にこの説明の内容と異なる場合がありますが、ご了承ください。

「A4」1枚アンケート実践勉強会 in 熊本

7555a4b880eb6427310aab60f914e7161

「お金をなるべくかけずに」
「反応がでる」      

チラシやホームページ、DMを作りたいショップオーナー、社内の広告担当者、広告会社の制作担当者、デザイナーの方へ

Amazonブックランキング3部門総合1位『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』の著者である岡本先生が再び来熊されます。今回は、セミナー形式ではなく、皆さんが集めたアンケートを使って実践勉強会を実施します。頭で理解するのではなく、身体で理解できる絶好のチャンスです。

【成功事例が続々と!】

ただ「A4」1枚アンケートをとるだけ!
「簡単」なのに「効果が出る」かつてなかった売れる広告作成法
あなたもそんな画期的なノウハウを身につけてみませんか?

実践勉強会に参加した方の「喜びの声」をご覧ください

同じ悩みを持っている方々と意見交換をしたり、一緒に広告作成の手順を考えたりと、とても充実した時間でした。具体的に勉強できたので、まずはやってみます!ありがとうございます。
(沖縄県那覇市/I様)

自分のチラシの問題点がわかった。
(石川県白山市/S様)

アンケート1枚でここまで形を作り上げることができることに感動しました。お客様に分かりやすく明確な意図をもって訴求しないと相手にはぼやけて伝わらないものだと思いました。
(石川県金沢市/T様)

なぜ実践勉強会に参加すると、売れる広告が作れるようになるのか?

(1)「売れない広告」との違いを実感!正しい広告作成法がわかる

「A4」1枚アンケートの特徴は「お客様の購買心理の流れが分かる」ということ。実践勉強会では、実際のアンケートを分析し、広告に落とし込んでいきます。お客様の声をもとにして作り上げた広告ラフ案は、メッセージに伝わりやすさと一貫性があり、説得力十分。「イメージだけの広告」や「小手先のテクニックを使った広告」といった、「売れない広告」との違いが浮き彫りになるから、「正しい広告作成法」がしっかり身につきます。

(2)実際に広告を作成!だから実践的スキルが身につく
分かりやすさが口コミで広がり、いまや11刷を重ねているベストセラー『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』。とはいえ、本を読んでやり方が分かったつもりでも、実際に広告を作ってみると、意外と悩むことも出てきます。実践勉強会は、アンケートの分析から始まって、素材として使う声を抽出したり、言葉に落とし込んだりと、「実践」の連続。作る過程を体験することで、自然と実践的スキルが身につきます。

(3)グループワークならではの「気付き」がたくさん!
一人で広告作成に取り組むのではなく、グループワーク形式で仕上げていくのも実践勉強会のポイント。意見交換をしながら進めていくので、様々な視点や意見が反映された、独りよがりではない広告が仕上がります。また他業種の方と意見交換することで、普段は気付けない視点やアイデアを得ることも。こうした「気付き」も、その後の広告作成に役立ちます。

実践勉強会に参加するに当たって、こんな疑問はありませんか?

Q.岡本先生のセミナーを受講したことがありません。実践勉強会に参加して理解できますか?

A.受講していただく方が望ましいですが、もちろん大丈夫です。ただし、事前に『「A4」1枚アンケートで利益を5倍にする方法』を読まれておくと、より理解が深まり実践の充実度も高くなりますので、ぜひ読まれることをおすすめします。また、参考になるセミナー動画もありますので、お申し込み時にご案内させて頂きます。

Q.「広告を作る」といっても、具体的にどのようなことをするのですか?
A.実際のアンケートを分析してコンセプトを決定、広告原案シートを作った上で、広告ラフ案を作成していきます。その後は書くグループの発表を行うことで、より良い広告作りのための意見交換を行います。

さらに今回は!

著者の岡本達彦先生も特別参加!作り上げた広告ラフ案に直接アドバイスしていただきます。

分かりやすく効果が出る販促が人気を集め、先生のコンサルティングは常に申込みが殺到、現在もキャンセル待ちの状態です。アドバイスのほか、生きたノウハウや分かりやすい成功事例などを直接聞けるのは、本当に貴重なチャンス。ぜひ、この機会をお見逃しなく!

岡本先生についてさらに詳しくご覧になりたい方はコチラ
http://1ap.jp/

岡本先生のセミナーを受講したことがない方は、ぜひコチラの動画をご覧ください。
http://www.ustream.tv/recorded/15432223

【プログラム】

・開会のあいさつ
・アンケート記入
・アンケート分析開始
・コンセプト作成
・広告原案シート作成
・チラシ(ラフ案)作成
・代表作作成
・発表/意見交換
・記念撮影
・アンケート記入と質疑応答
・閉会のあいさつ

【準備するもの】

お客様からとったA4アンケートをお持ちの方はご持参ください。お持ちでない方もご参加いただけます。

【お申込み方法】

当ページから直接【参加】お申込みいただくか、
メール、FAXでのお申込みを受け付けております。
メール:zwatanabe@thinking.ne.jp
F A X:096-369-3071

メール、FAXをご利用の際には、次の事をご記入下さい。
1)貴社名
2)御法人名
3)役職名
4)御連絡先(電話番号・メールアドレス)