坂田誠氏

みなさん、こんにちは。
システムシンキングの坂田です。

今回は、10月16日(火)に開催したセミナー【「A4」1枚アンケートとFacebookで利益を5倍にする方法】のレポートを書きました。

第1部は株式会社はちえん。の坂田誠先生による講演でした。坂田先生には講演だけでなく、今回のセミナーの企画の段階からご支援を頂きました。

 
第1部「A4」1枚アンケートとFacebookで利益を5倍にする方法

Facebookは単なるツール

ビジネスの場面でもFacebookが非常に注目を浴びて流行ってきているが、Facebookを頑張って年商10万円を作り出しても意味がない。経営を頑張って年商10%以上アップを実現する方がはるかに重要であり、それが経営者の役割。つまり本当にやるべきことはFacebookではなく「経営」である。但し経営の中のツール(戦術)の一つとして目的をもってFacebookに取り組むことはアリ!Facebookのために経営しているわけではないことをちゃんと認識することが大切。

 
時間当たりの価値を最大に

Facebookを毎日1時間運用して、年商50万円を獲得しても時間当たり1370円の売り上げにしかならない。ツールとしてFacebookを利用するのはアリといっても、如何にして時間当たりの価値を上げていくかを考えていかなければならない。

 
顧客の近くで考える

経営の全体図

経営を考えるときは、顧客に近い方から考えていく必要がある。ビジネス書などでは顧客から遠い方向から経営を語っているものが多いが、顧客から遠い会社組織や資金繰りの方向から考えていくとなかなか成果がでない。

 
商品3分、売り7分

ランチェスター竹田ビジネスモデルでは、経営において8つの戦略(商品戦略、客層戦略、地域戦略、営業戦略、顧客維持戦略、組織戦略、財務戦略、時間戦略 )を定める必要があると説いている。 これらの戦略にはウェイト付けがなされており、商品関連(商品戦略)が27%、営業関連(客層戦略、地域戦略、営業戦略、顧客維持戦略)が57%で、比率は「商品3:営業7」となる。つまり、良い商品を作ることはもちろん大切な事だが、それをどうやって伝えていくかということを考えていくことはもっと大切なことだということ。

 
人気のFacebookページの秘密

人気のFacebookページに共通することは、何を伝えればファンの皆さんに共感して頂けるのかわかっている。例えば「朝起きるのが苦手な方へ」という伝え方ではなく、「仕事が多忙で体調不良なのに休めない人へ」「残業が多く朝起きるのが苦手な人へ」というように具体的な内容を伝えている。

トロールビーズファンのためのフェイスブックページ
奈良子釣りセンター
土屋鞄製造所
王道庵 – 思案橋の五島うどん専門店
感動野菜産直農家 寺坂農園
(株)落水正商店 太陽卵美健

 
下手の考え休むに似たり 

ファンの皆さんに共感して頂ける記事とは何か?Facebookページには何を投稿すればよいのか?これはいくら考えていてもなかなか答えがでない。では、どうすればファンの皆さんに共感して頂けるような伝え方ができるのか?答えは「自分で考えない」こと。答えを知って、答えに到達する道を知る、それを可能にするのが「A4」1枚アンケート。

と、ここで岡本達彦先生にバトンタッチ。第2部では「A4」1枚アンケートの活用について学んでいきます。

 
 
第1部の感想

坂田節炸裂!

Facebookページの運用については、ビジネスをされている方であれば誰しもを検討されたことがあるかと思いますし、逆に活用しなければもったいないと思います。しかし多くの場合、始めてはみたものの何を投稿していいのかわからない、投稿したけどお客様の反応が得られない、全然ビジネスに活用できないというような悩みにぶつかってしまうケースが多いのではないでしょうか。第一部の講演では、そんなお悩みを解決するための1つの方法として、「A4」1枚アンケートを活用しようというご提案でした。答えを見つけるために自分自身で日々勉強を続けるという努力はもちろん欠かせないことですが、環境の変化がめまぐるしい今、その答えを見つけるために与えられた時間はそう多くはありません。スピードを上げより良い商品・サービスを提供し続けるために、答えを知り、答えに到達する道を知り、活用、実践していくことが大切だと思いました。

今回の講演も冒頭のマジック(煎餅->ハト)、熱く語る坂田節炸裂のセミナーでした!

また次回も楽しみです。

 
セミナー開催の経緯 (あっ、余談です

あっ、最後に感想ではないですが、最近「どうしてコンピュータのシステム屋さんが経営に関するセミナーを積極的に開いてるの?」というようなお声を頂くことがあるので、今回のセミナーを開催することとなった経緯について少し書きとめてみます。僕たちはコンピュータの技術を使ってシステムやWEBサイトなどを作る作業をしていますが、この「作る作業」という部分だけを自分たちの仕事だと思っていません。システムや、WEBサイトを作るに至った背景にある目的を達成することが僕たちの仕事だと考えています。そしてその目的を達成するためには、自分達自身がビジネスについて学ぶ必要があり、どうせ学ぶならより多くの方に聴いていただいて、役立ててほしいという想いが、今回のようなセミナーを開催することとなった背景です。

 

このブログを書いた人

S・T・K
皆さんの喜ぶ情報を投稿していきます。ご期待ください。
この人のすべてのブログを見る