目標:STEP1:WordPressでWebサイトを構築する

前提条件:AWSアカウント取得済み

以下の構成を作ります。

=======================================================

手順

  1. EC2インスタンスの起動

ここから先は、著書「Amazon Web Services ガイドブック 著者:Jeff Barr」にもとづいて、作業を進めていきます。

AWSの設定は、AWS Management Consoleで行います。AWS Management ConsoleはAWSアカウントでログインすれば使用できます。

  1. SSH鍵を準備

①Navigationウィンドウで「Key Pairs」をクリックして、名前を何でもいいので入力し、作成します。

②「.pem」ファイルをローカルに保存します。

  1. 最初のインスタンスを起動

①Navigationウィンドウで「Instance」をクリックして、「Launch Instance」をクリックし、AMIを選びます。今回は、AmazonLinuxの32bitを選びます。
②ウィザードに沿って、進めます。(すべてデフォルトのまま)
③最後まで設定すると、インスタンスが起動され、使用準備が整ったらstatus列に「running」が表示される

  1. SSHアクセスを有効にする

Navigationウィンドウで「Security Groups」をクリックして、「default」問セキュリティグループをクリックし、下のinboundタブをクリックします。今回、SSH接続で端末操作、ファイルアップロードをおこなうので、「ssh」ポートの追加、WEBサーバとして、外部からアクセスするので、「http」ポートを追加します。

  1. インスタンスに接続する。

①インスタンスに接続するには、puttyを用いて接続できるが、今回はAWSが用意しているコンソールでおこなう。Navigationウィンドウで「Instance」をクリックして、その中の作成したインスタンスをクリックし、チェックボックスをつけた状態で、右クリックをして、「connect」をクリックする。
②ローカルに保存した、キーへのアクセスパスを入力して接続する。
③ログイン完了。ログインユーザは、初めから用意されたアカウントを使用する。rootユーザを使用することはできない。root権限を使用して、コマンドを発行したい場合、「sudo」を先頭につける必要がある。
これでlinuxを使用できる状態となる

  1. 以下から実際のサイト構築をおこなう

①Apacheのインストール

#sudo yum -y install httpd

②Apacheの起動

#sudo /etc/init.d/httpd start

③PHPインストール

#sudo yum -y install php php-mysql php-mcrypt php-mbstring php-pear php-gd

④mysqlインストール

#sudo yum -y install mysql mysql-server

⑤mysql起動

#sudo /etc/init.d/mysqld start

⑥wgetインストール

#sudo yum -y install wget

⑦WordPressインストール

・ダウンロードする

#sudo wget http://ja.wordpress.org/wordpress-3.3.1-ja.tar.gz

↑http://~はwordpressの正式ダウンロードサイトの最新をダウンロードする

・解凍する

#sudo tar zxf wordpress-3.3.1-ja.tar.gz

・移動する

#sudo mv wordpress /var/www

・apacheユーザにオーナーとグループを変更する

#sudo chown -R apache:apache /var/www/wordpress/

・ダウンロードした圧縮ファイルを削除する

#sudo rm -f wordpress-2.9.2-ja.tar.gz

・WordPressのApache設定ファイルを作成し、エイリアスの設定をする

#cd /etc/httpd/conf.d
#sudo vi wordpress.conf

# Alias /wordpress /var/www/wordpressを記述して保存

#sudo /etc/init.d/httpd reload

1)Wordpressで使用するデータベースを作成

# mysql -u root

2)wordpressのいう名前のデータベースを作成

mysql>create database wordpress;

3)各種設定をする。(DB:wordpress ユーザ:wordpress パスワード:任意のパスワード)

grant all privileges on wordpress.* to wordpress@localhost identified by '任意のパスワード';

・WordPressの設定ファイルを生成します

1)サンプル設定ファイルをコピー

#sudo cp /var/www/wordpress/wp-config-sample.php /var/www/wordpress/wp-config.php

2)viエディタで開く

#sudo vi /var/www/wordpress/wp-config.php

・下記の内容に内容を書き換える

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

// ** MySQL 設定 – こちらの情報はホスティング先から入手してください。 ** //

/** WordPress のデータベース名 */
define(‘DB_NAME’, ‘wordpress’);

/** MySQL のユーザー名 */
define(‘DB_USER’, ‘wordpress’);

/** MySQL のパスワード */
define(‘DB_PASSWORD’, ‘任意のパスワード’);

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・ブラウザからアクセスするために固定IP(EIPを設定する)

・ブラウザからアクセスする

・http://設定した固定IPドレス/wordpress にアクセス

(固定IPアドレスからあとは、/etc/httpd/conf.d/wordpress.confの内容と合致していること)

⑧完了

このブログを書いた人

S・T・K
皆さんの喜ぶ情報を投稿していきます。ご期待ください。
この人のすべてのブログを見る